モルタルの外壁塗装の基礎知識

モルタルの外壁塗装の基礎知識として、モルタルとは、一般的に多い昔ながらのセメントを塗りあげて作る家の外壁である。

モルタルの外壁塗装では、たっぷりの塗料で塗りあげて完成させる方式で作られる。モルタルの外装塗装では、ひびが入りやすいので、伸び縮みする塗料が使われる。
ひびがない場合、カビや汚れをよりつきにくくする溶剤のシリコン塗料を利用するので、でこぼこした感触はない。塗料の吸い込みが多いのも、モルタルの外壁塗装の特徴である。モルタルの外壁塗装のサインは、ひび割れが始まったら塗り替えの時期である。
塗膜がはがれていたり、チョーキング(これは塗料が手につくことを言う)や、変色があったら、その時にモルタルの外壁塗装をすると良い。今は吹きつけたりしないで、手でひとつひとつ塗りこむ形をとっている。
吹きつけだと、塗料が飛んで、車についたとして被害が出たという例があるので、モルタルの外壁塗装は必ず手で塗りこんで行うことが大事である。モルタルの外壁塗装は、モルタル自体が耐候性、耐火性、耐水性に優れていることから最近では見直されている。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

漆喰壁の補修の基礎知識

漆喰壁の補修の基礎知識では、漆喰壁の補修の他に、屋根の瓦を貼りつける漆喰壁の補修も出来る所がある。
漆喰壁の補修では、主にひび割れが多かったが、最近では品質が向上して、漆喰壁の補修にも、ひび割れが少なくなってきた。
しかし、地震などで漆喰壁の補修が必要になった地域もある。漆喰壁の補修のポイントは、ひび割れが入っていないかを確認する。
また、小さなひび割れは、漆喰壁の特徴としてとらえるのも良いが、あまりひどくならないうちに補修をすると大変なことにならずに済む。
最近では、自分でも漆喰阿壁の補修が出来るようになったので、思いきって自分の自宅の漆喰壁の補修もしてみても良い。
漆喰壁は、今出て来ているシックハウス症候群とは無縁で、環境にも優しいとされる。漆喰壁を塗る時は、床や窓まわりを養生シートをはり、壁や窓際のスイッチなどはテープで固定し、壁の汚れをとってから下地剤を塗ることから始まる。
漆喰壁用の塗料は、中身を混ぜ合わせてから使う。ローラーで下から上に塗ると良い。二度塗りをしたら、いろいろな模様をつけてから完成である。マスキングテープをはがすこと。これで漆喰壁の補修も同時に出来たことになる。
もしも深刻な事態になっていたら、漆喰壁の補修はプロに任せた方が良い。そちらの方が安全である。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

屋根の塗装の基礎知識

屋根の塗装の基礎知識について、まずは屋根の形を知ることが大事である。一番多い屋根は、切妻屋根が多く、棟を境に2方向に傾斜する逆V字型が特徴です。

他にもいろいろな屋根があるが、塗装する時に屋根の形を知っておくと良いでしょう。
サビや色あせが目立ってきたら塗り替えを行うこと。まずはリフォーム会社に依頼して、下地材が傷んでいないかどうかを確認すること。もし下地材が傷んでいなかったら、屋根の塗装で塗り替えることで長持ちできます。
もし、屋根の塗装が出来ない状況になるぐらい腐っていたり、傷んでいるようであれば、思い切って屋根の葺き替えをした方が良いです。コスト高になるが、下地を含めて屋根を一新でき、長期的に考えると経済的になるからです。
屋根の塗装にあたっては、住まいにあった塗料を専門業者と相談し、吟味して選ぶことが重要です。最近では塗料の中でも耐久性が目立つものが出てきたので、覚えておいた方が良い。もし屋根の塗装をするのであれば、工程も覚えておいた方が良いでしょう。足場を組んで、屋根を高圧洗浄して、下地を補修する。そして、下塗りをして、中塗りをして、上塗りをして縁切りをしてから足場を外すという工程で行います。
屋根の塗装のメンテナンスは、塗料にもよるが、おおよそ4~5年ほど見た方が良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ベランダ防水塗装の基礎知識

ベランダの防水塗装の基礎知識は、塗装方法からくる違いについてです。

あるお宅のベランダの防水塗装工事を見ると、以前行った防水工事からかなり年月がたっ
ており、ベランダの防水塗装がはげている状態だったので、まずは旧塗膜の浮いた箇所を
皮すきなどですべてめくる作業から始まりました。

これをていねいに行わないと、もともと浮いている上から防水塗装をすることになるので、
すぐにめくれてしまいます。
めくり終わると、元々の旧塗膜をはがし、鉄部には錆止めを塗ります。

旧皮膜には、カチオンと呼ばれる塗装を塗って平らにします。
これを2回行って上塗りのプライマーと呼ばれる塗料を塗ります。

そしてウレタン防水を流し込んで固めてから。さらに上塗りをして完成となります。

主に塗られる塗料としてはウレタン防水を選ぶことが多いです。
また、ベランダの防水塗装の中では、ウッドデッキでかぶせるという方法もあります。

ベランダの防水塗装の中でもいろいろあります。
あえて室内から見えるために、意匠的に柄を入れたり、デザイン性をもたせたベランダの
防水塗装があるので、基礎知識としては、塗装するか、ウッドデッキでかぶせて防水する
かで雰囲気が違ってくるということを覚えておくと良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ